ポプラ堂

e0187618_1752573.jpg

今日はポプラドーの歴史についてちょこっとお話してみます。

ポプラドーの創業は1946年。
戦後すぐです。
場所は今と同じ場所
創業者は、うちの主人の祖父です。
初めは、タバコを売ったりしていたそうです。
鉛筆を側に置いて売りはじめると、よく売れるようになり、
そして商品が増えていったみたいです。
一番最初は「山本文具店」

なのに、「ポブラさん」と、言われるようになり…
「ポブラ堂」
を経て、
昭和48年に
現在の「ポブラドー」になりました。

何故ポブラさんと言われるようになったか、
その理由は、昔の写真の看板を見ればわかります。
看板の「ポブラインク」が目立ちますよね。
   ※ポプラインクは、うちのオリジナルではないですよ~。
   日本ポプラという大坂堺の会社の製品らしいです。
   ネットで検索しましたが、デットストックものしか見当たらなかったです。
   戦前、戦後流通していたのかなぁ。
   (今度、文具をこよなく愛すうちの社長に聞いてみます。)
そうです!こちらが由来です!
それで「ポプラさん」って呼ばれるようになったみたいです。
今でも、昔ながらのお客様は、「ポブラさん」って言ってくださいます!

ほぼお客様が命名されたうちの店「ポプラドー」
『かゆいところに手が届くお店でありたい』ポプラドーです。

※こちらの写真は、呉市が発行した「呉のあゆみⅡ」という写真集から拝借いたしました。
昭和20年代前半の写真だそうです。



さてさて、先日ご紹介しましたクレートペーパーで
「neighborhood」というのがありました。
e0187618_1752520.jpg

ブログを見たお友達がその意味をご親切に調べてくれました。

 《ネイバーフッド》と、読むらしく、
意味は、
近所,付近,近辺
(ある特定の)場所,地域
(町の比較的小さな)区域.近所の人々
(ある特定の)地域の人々.近所づきあい,隣人のよしみ.近いこと.

と、いう意味らしいです。

作品作りの参考にしてみてください。
私なんか調べもしないから…
とっても勉強になりました。
ペーパーの柄の意味もなんとなくわかる。

今度からちゃんと調べなくちゃ(-.-;)
あ、英語がちょー不得意な私。
できるのかしら?

今回、教えてくれた友人に感謝です(^0^)/
ありがとう(^人^)

広島ブログ
[PR]
by popu3715 | 2011-04-25 17:05 | スクラップブッキング